12月23日(金)

シドニー市内

朝起きるとケビンは既に出勤していた。
先ほどまで雨が降っていたのか、外は濡れている。
冷夏による雨だ。この先のこの天候が気になる。
雨降りはバイクに乗らないと心に決めているので、スタートが順調に切れるのか?非常に心配だ。

今日の予定はレッドバロンにバイクを取りに行く事。
時間を持て余しているので、シドニー市内のフィッシュマーケットへ電車を乗り継いで市内観光に出掛ける。
フィシュマーケットはクリスマス前の買い物客で何時に無く混雑していた。
帰宅したのはPM3:00を過ぎていた。
そして、夏らしい太陽の輝く日差しが戻っていた。気温は28℃位だろう。
ケビンの自宅はシドニー郊外にある。この辺りの生活環境は非常に良い。
緑が多く、それぞれの宅地は日本の2~3倍はあると思われる。
ケビンの父親は25年前に、台湾からこのオーストラリア·シドニーに移住した訳であるが『何故この地を選んだのか?』と聞くと『気候が良いから』と答えるほどである。特に気温が年中適温である。冬になっても霜が降りる事は無い。

バイクをレッドバロンに受け取りに行く。
小澤氏は営業面ではしっかりしていて、あれこれ商品を勧める。
買ってもいいが、荷物が重くなるのは辛いので買わないようにする。
今夜は私のフェアウエルパーティーを中華レストランで開催となった。
11人も集まってくれた。
皆、私の『バイクツーリングの成功を祈る』と声をかけてくれた。感謝にたえない。その後ケビンとツーリング行程計画を練る。
先ずはアデレードに行く。全行程は約18000キロになる事も判明。
1日550キロを走り続ければ、約1カ月でオーストラリア大陸走破出来るであろう事が分った。
 

男、63歳。体力勝負·安全走行を誓う。
いよいよクリスマス。12月24日、出発だ!

※2011年11月にカワサキ1400GTRを購入のため、シドニーを訪問。
その際にシドニー~ポートマコーリー約1500キロの事前試験走行を2日間行っている。

2013年 3月 16日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

 


 

© 2020 Oasis-Jimusyo.co & Right Stuff.co All Rights Reserved