1月8日(日)

世界遺産デンハムの街中

走行距離70キロ
160ドルもするモーテルは変わる事にする。
その前にせっかくの日曜日だから、パースの朝市を探して出かけたいと思い、
レセプションで聞く。
地図に印をつけて貰った。分かりやすい所だったので迷わずに行けた。
朝市というよりはスーパーの駐車場を利用したがらくた市だった。
古着·雑貨·植木、色んな物を出して200人位が並んでいた。
パース人の気質がわかって、面白い。
買うより取引を見ている方が楽しい。
私はアンモナイトの化石とブリキで作ったフクロウの置物を買ってモーテルに帰った。
11時近かったので、私の部屋はベッドが直してあった。
慌てて荷物を持ってミッドランドに行ったが、私にはミッドランドの宿が探せなかった。
仕方なくパースに帰る。ホリデーインのモーテルへ行く。
240ドルと言う。いくらなんでも何でも高すぎると、
隣のカントリーコンホートというモーテルに入る。
ここも185ドルとめちゃ高い。でも探すのも疲れていたので、ここに決めた。
部屋に入り昼寝をする。昨日買ったパンなどの昼飯を食べ、あてもなく過ごす。
ジェシカに無事でいる事の連絡をする。パースを明日出発できることを喜んでくれた。
自分が消息不明に成らない様にジェシカにはほぼ1日於きに連絡と所在伝えてきた、
PM2:30頃、パースの町も滅多に来る事はないのだからと、中華街に出かける。
アメリカ輸入の衣料店で土産を買う。
私がシドニーからパースまでバイクで来たと言うと、
店主が『死ぬなよ』とアドバイスをくれた!! 
今日は約70キロ走った事になる。自分でもだいぶGTRに慣れたなと思う。

オーストラリア人は肥満が多い。特に女性。
自分の腹を棚に上げてよく言うものだと言われると思うが、
肥満の程度が違う、軽く100キロオーバーの体重の人が目立つのだ。
特にアジア人の様にスラッとした人は少ない。
オーストラリア人は食欲は我慢出来ない様だ。世界には飢えて死ぬ人がいるのに、
肥満になって命を縮める人が多いのは人間が戦争を止められないのと同じ矛盾を感じてしまう。
もう少し食べる事を控えろと言いたい。余計なお世話かな?

2013年 4月 13日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

 


 

© 2020 Oasis-Jimusyo.co & Right Stuff.co All Rights Reserved