1月9日(月)

ワイナリーの案内看板マーガレットリバーの街並み

走行距離350キロ
待ちに待ったバイクのメカニック点検の日である。
暗い内に起きてディーラーにバイクを持ち込む。
持ち込んだと言っても、店の前にバイクをつけただけで店は当然しまっている。
開店まで2時間待ち。点検が始まってから2時間半待ちだ。
幸いバイクに異常はないとのメカニックの話で安心した。
オイル交換等を全部済ませ、出発したのは11時頃。
本日の走行予定は定める。ただ、行ける所まで行く。
これからかそんなに慌てずに行く事にする。
フリーウェイ2号線を抜け、国道10号線に入った。
これからは国道10号線を200キロ位で走り、又国道1号線をメルボルンに向かう行程だ。
南極からの海風が非常に心地よい。
日差しは強く、日向にいると暑い。しかし日陰に入れば少し寒い位である。

途中マーガレットリバーという町を通った。
標高はないが、夏の上高地の様な雰囲気の町だった。
人がやたら多かった。この辺りはワインの産地か、
ぶどうの木とワイナリーの看板が目につく。
きっと訪ねて国道を入ってワイナリーを訪問すれば、
ワインを御馳走してくれそうな雰囲気である。

350キロ走るとオーガスタの町に着いた。インド洋と南極海の分かれ目の町で、
きっとおいしい物が食べられそうなので今日はここで宿をとる事にした。
150ドルのオーガスターモーテル。この辺りではとても由緒あるホテルの様である。
海風が強く吹き付けて、暑くなく寒くもない。
一体何をしてこの辺りの住民はビジネスをしているのか、不思議な感じ。
日本で言う海のロッジの売り物件が沢山あった。

2013年 4月 13日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

 


 

© 2020 Oasis-Jimusyo.co & Right Stuff.co All Rights Reserved