オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

1月3日(火)

タイヤの中央部分のみがすり減った

走行距離600キロ

これから先は今迄のリードを保って、そんなに先を急ぐ事はすまいとAM8:00にホテルを出る。
とは言ってもシドニーとは3時間の時差がある。出発前に洗車をした。
リアのタイヤの摩耗が激しく、パースでタイヤを新品に交換しなければならないだろう。 … » 続きを読む

2013年 4月 12日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

1月2日(月)

走行距離 約1060キロ

カンナラーをAM2:30に出発。
1000キロ以上もある、インド洋岸にあるブルームの街に着けるか挑戦だ。
オーストラリア大陸の荒野の夜は全くの暗闇だ。バイクを止め、ライトを消すと何処に何があるか分らなくなる程暗い。
もちろん街路燈が有る訳では無い。路上はバイクのヘッドライトで照らす反射板が、ナビゲーターの様に光を反射する。 
それを頼りにハンドルを握る。ただ空を見上げると満点の星。子供の頃見た天の川もハッキリ見える。
今この目映る夜空は古代人が毎夜見ていた星空と同じに違いない、美しすぎて孤独感さえ感じる。
宇宙に存在する自分を考えてしまう。これも日本では体験できない光景だ。夜の走行で気を付けなければならない事が有る。
カンガルーの飛び出しである。カンガルーは夜行性で、日中は暑さを避け木陰で昼寝をしている。夜は食事の為に行動する。
ヘッドライトに驚き、飛び出しも当然起こる。高速走行が特に危険なのである。今迄に何百匹のカンガルーの死体を見ただろう? … » 続きを読む

2013年 4月 12日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

1月1日(日)

走行距離850キロ

AM3:30、出発。朝なら未だ雷雨は無いだろうとサンダーストームを避けての出発だ。
20分も走らない内に飲酒運転の検問に会う。10人程度のおまわりさんがいた。 … » 続きを読む

2013年 4月 12日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

12月31日(土)

ラクダの群れに遭遇
走行距離30キロ

ただひたすら休憩を取る。
このホテルは170ドルと少し高いが、仕方がない。
気温は30℃を上回っていて今日も激しい雷雨あり。
そうだ、この街の年越しは新年の朝までディスコの音が鳴り響いていた。 

A HAPPY NEW YEAR!

ダーウィン 港の夕日

2013年 4月 12日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

12月30日(金)

走行距離1000キロ

AM5:00 
外はまだ暗いが、テンナットクリークのモーテルを出る。 今日はどこまで行けるのだろうか?
約1000キロ走ればダーウィンに着く予定。そうすれば大陸縦断に成功だ! 
北上すればするほど暑くなるはず。きつい走行になるか? 出発時は気温24℃で早くも少し蒸し暑い。
町を抜けると15~16℃で少し寒い程に成る。かと思えば、荒野に差し掛かると21℃にすぐ上昇した。
やはり緑地はありがたいもので、樹木の多い地域と荒野地域では10℃は温度差のある事が分かる。 … » 続きを読む

2013年 4月 12日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

12月29日(木)

小陰でくつろぐアボリジニーの家族

走行距離1000キロ

朝、気温は15~16℃。エアーズロックのホテルを出て、先ずはアリススプリングに向かう。
もう何度もこの道を通る事に成る。エアーズロックから、縦断道路までは約250キロあるが、道路も片側一車線の二車線の比較的狭い道路である。
道路脇の草木がかなり茂っており、カンガルーもよく見かけた。
直線部分が比較的少なく、ワインディングロードに近いのでバイクで走るには楽しい道だと思う。
アリススプリングを過ぎてからは徐々に気温が高くなり、35℃を上回る時も度々である。
路面には逃げ水が発生し、色々な現象・映像が目に入る。 … » 続きを読む

2013年 4月 12日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

12月28日(水)

路線道路沿いの休憩エリア

走行距離300キロ

日本は今、寒いでしょうね! 
今日は1日、エアーズロックの観光だ。 … » 続きを読む

2013年 4月 12日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

12月27日(火)

エアーズロック

走行距離1098キロ

目的地エアーズロック。AM8:00、モーテルを出発。砂漠の朝は気温16℃とバイクで走るには肌寒い。
朝日を背に受けて走るのも気持ちの良いものだ。85キロ走って初めて対向車とすれ違う。
今日はエコスピードで行くと心に命じていたが、徐々にハイスピードに成ってしまう。
同じ砂漠という文字であっても、やはり地域が変われば景色も変わってくる事が楽しい。
10時頃、少し休憩をと思って側道の休憩エリアに入る。すると私と同じ様に、オーストラリアをバイクで旅をする日本人が休憩をしていた。
お互い久しぶりの日本人で、早速会話がはじまった。彼は北海道出身で40~50歳。
名前は聞かなかったが、クリスマスから正月にかけて2週間程度でオーストラリアを横断しているとの事。
これで4度目の訪問だそうだ。『パースまで行く』と言っていた。今迄に随分走りこんで来たようだ。いろんな情報を教えてもらった。
オーストラリア上半分は今、雨期で、気温も高く地獄の走行になることを予測しておいた方がいいとか… 
私は今日まで1日500キロ以上こなしてきた事が順調すぎた訳で、これからは丸1日走れない日もある事を知った。
野宿も覚悟しなければと思った。こんなに毎日順調なのはやはり少し変?PM13:00頃、アリススプリングに着く。
ガソリンスタンドのお兄さんにエアーズロックの場所を聞くと、自分が大変なミスをしている事を教えられる。
記憶の中で『アリススプリングにエアーズロックが有る』と何処で思いこんでしまったのか解らないが、
今来た道を約200キロ戻らなければならない事に成る。一口に200キロ元に戻ると言うが、ハンドルにしがみつく様にして、
また細心の注意を払ってドライブしてきた道のりだ。それをそのまま戻れとは自分のミスとは言え、辛い話だった。
しかもエアーズロックはこの横断道路から250キロも西方向に入った所にあるのだ。
したがって今から約450キロ走らないと、今日はバイクから降りることは出来ない。勉強不足を痛感した。情けない! … » 続きを読む

2013年 4月 08日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

12月26日(月)

吸い込まれそうな青空

走行距離860キロ

AM6:00、アデレードの街は未だ暗い。
アデレードには来たけれど、市内は全く知らないでは来た事にはならないと思い、街の中心をバイクで散歩する。
市内中心に良く整備された広い公園とゴルフ場があり、ゴルフの好きだった私には理想的な街に思える。
もっともオーストラリアではこの様な街はごく当たり前かもしれない。
今日はオーストラリア南北縦断道路砂漠を貫く、自分が最も走ってみたかった道へいよいよ突入することになる。
とりあえず850キロ先のクーバーペディーの街に着けば予定どおりである。 … » 続きを読む

2013年 4月 08日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

12月25日(日)

オーストラリアの広さに言葉を失う

走行距離1200キロ

気持ちがはやるのか寝て居られないので、まだ外は暗いが900キロ先の今日の目的地アデレードに向かって出発する。
50キロ走ったが1台の車ともすれ違わない。徐々に明るくなり辺りが良く見える様になると、オーストラリアの凄さに驚かされる。
広いとは思っていたが、これ程までに広いと感じるのだろうか。道路の両脇は地平線の見える農地なのだ。
アメリカを走った時もアメリカがとてつもなく広く感じた。しかしオーストラリアはアメリカの比ではない。
そしてこの美しさには心を打たれる。この景色の中で、またこの景色を見て人が育っていくと、どんな人間が出来上っていくのだろうか?と考えてしまう。
地球温暖化で穀物の不作の年もあるだろうが、この地の農作物の出来不出来が世界の穀物の値段を決めてしまうのだろうとさえ思う。
飛行機を使って種をまく話にも納得してしまう。もし歩いて畑の先まで見周りに行ったら、その日の内に帰る事は恐らく不可能だろうと思う。
道路は良く整備されている。どこまでも続く直線道路。そしてゆるいカーブ。胆の縮みあがるアップ·ダウン。
どうしてもアクセル·グリップに力がはいる。 … » 続きを読む

2013年 4月 08日 更新 | オーストラリア大陸2万キロのバイク1人旅

 
 

© 2020 Oasis-Jimusyo.co & Right Stuff.co All Rights Reserved